Tweet

01/02 原水協が署名行動
 被爆70年の年が開けた2日午後、原水爆禁止群馬県協議会(群馬原水協)と甘楽富岡原水協は、初詣でにぎわう富岡市の上州一ノ宮貫前神社近くで初の新春アピール署名行動にとりくみました。
 「あけましておめでとうございます。被爆70年の年です。国連に届けます。核兵器をなくす署名にご協力下さい」と代表理事の滝沢俊治さんや真砂貞夫さんら11人が元気に訴え、のぼり旗や横断幕を持ち、日本原水協の署名リーフを配りました。
破魔矢などを持つ家族連れの参詣者などが足を止め、約1時間で78人から賛同署名が寄せられました。
 県内はもとより千葉県や埼玉県内からの参詣者も応じ、「身内が亡くなっていますので」と言って署名した人もいました。
戻る