Tweet

01/11 伊藤県議、市議らが成人式宣伝
 あでやかな振り袖や真新しいスーツに身を包んだ新成人が詰めかけた高崎市の群馬音楽センター前で11日、日本共産党の伊藤ゆうじ県議と竹本誠市議、伊藤あつひろ市議予定候補、青年らが成人式を祝う宣伝をしました。
  「日本共産党は若者を応援します」と大書した横断幕が目を引き、写真に収める人もいました。
 伊藤県議は、安倍自公政権の下での奨学金や雇用問題にふれ、「みなさん自身が政治や社会に目を向けていただきたい。日本が再び戦争する国にならないよう憲法のこと、平和のことに目を向けていただきたい。ご一緒に行動を起こしていこう」と呼びかけました。
 伊藤市議予定候補は「政治は自分たちの力で動かすことができる。政治に関心を持って選挙に行こう」と訴えました。
 薬剤師をめざし東京の大学に通う女子学生は「友達のなかには選挙に行った人もいたけど、私は実感がなくて行かなかった」と話しましたが、真剣に考えて「青年の選択が政治を変える」と書かれた新成人向けチラシを受け取りました。
戻る