Tweet

01/13 伊勢崎市選挙区で県議席必ず はせだ氏が連日街頭宣伝
 県議選伊勢崎市区(定数5)で議席獲得をめざす、日本共産党の、はせだ直之予定候補(党伊勢崎佐波地区県政対策委員長)は「県議会で現有2から3への議席増」と、連日街頭から訴えています。13日は、女性後援会と一緒に市内の住宅地などで演説しました。
 はせだ氏は「子どもたちが夢と希望を持って成長できるよう願って、塾講師として34年間仕事をしてきた」とのべ、伊勢崎市が県内12市で不登校が一番多いことをあげ「有効な対策のひとつが30人学級の実現だ」と9日には県知事にも要請したことを紹介。「国政でも県政でも日本共産党が伸びれば政治が変わります。伊勢崎から市民の声をまっすぐ県政に伝える共産党の県議を誕生させていただくことが、『くらし第一、憲法第一』を県政に生かす道です」と呼びかけました。
 演説した場所の近くに住む女性(74)=同市豊城町=は「共産党が伸びないとだめだよね」とはせだ氏に期待を寄せました。
戻る