Tweet

01/16 梅村衆院議員が党県議団などと懇談
  日本共産党の梅村さえこ衆院議員は16日、群馬県議会内で、党県議団、前橋市議団、小菅啓司党県委員長、大川正治前県委員長らと懇談し、国政への要望を聞きました。
 懇談では▽米軍機の低空飛行訓練▽大同特殊鋼有害鉄鋼スラグ不法投棄問題▽前橋市の市税などの滞納者への不法差し押さえ▽福祉医療への不当なペナルティ廃止▽デマンドシステムへの支援▽学校給食費無料化支援▽栗生楽泉園重監房資料館記念イベントへの参加―などについて話し合いました。
 前橋市の滞納処分問題では、国会で取り上げられたもの、総務省は「助言」はするが厳しく「指導」しないため、改善されていない実態が出され、市議団は「再度国会で取り上げて総務省の指導を強化してほしい」と訴えました。
県と市町村が協力して障害者や子どもの医療費を無料にする「福祉医療」に対し、厚生労働省が「現物給付(窓口負担無し)は必要のない受診を助長する」とペナルティを課し、その額が年間22億円にのぼり、県と市町村が負担していることが報告されました。
 梅村氏は「衆院総務委員会で、地方自治体のことは(地方自治を守る立場で)一所懸命に取り組みたい」と決意を表明しました。
戻る