Tweet

01/25 酒井県議の再選必ず 党後援会が新春の集い
 日本共産党の酒井ひろあき県議の必勝をめざす新春の集いが25日、前橋市で開かれました。共産党後援会前橋北部・敷島・富士見地区連絡会の主催。
 再選をめざす酒井県議は、県政の現状を報告し、「ばく大な予算を使う箱モノより県民の命、くらしを守るために全力を尽くします」と決意を述べました。
 紙智子参議院議員が、総選挙の結果と政治的意義、共産党の役割について詳しく報告。「一昨年の都議選、参院選、昨年の総選挙に続いて、いっせい地方選でさらなる前進をつくり、第3の躍進の時代を本格的なものにするために力を合わせましょう」と訴えました。
 長谷川薫市議は、デマンド交通、介護保険、子どもの教育など市民が直面している問題に触れ、「どれも県政、国政と密接に結びついている問題です。3人の県議団を実現するために支持を広げてほしい」と呼びかけました。
 参加者からは、オスプレイや米軍ジェット機の飛来について「空が支配されていると感じる。市民に危険性を知らせてほしい」などの切実な要望が出されました。

戻る